新型コロナが流行る前からしている習慣

最近では新型コロナウィルスが流行って、ニュースでも巷でも「アルコール除菌」や「マスクをすること」が当たり前になってきました。自分たち家族は、最近当たり前になってきたことを子供の生まれた当初からやってきていたので、別にクニ感じることはありませんでした。

子供や嫁に家でウィルスを持ち込んでしまい、風邪をひかないようにするために様々なことをしています。まずは、仕事から帰ってきてから玄関で「手指をアルコールで殺菌する」ことから始まります。自分の家ではアルコールが飛び散りにくいジェルタイプのものを玄関では置くようにしています。

そしてリビングに入る前に、服を着替えます。外から帰ってきた服にウィルスなどが付いてきている可能性があるので、子供たちがいるリビングに入る前に外で着ていた服を洗濯機に入れ、もう一度玄関に戻り、手指を殺菌します。

そこからリビングに入ります。当然リビングではマスクを着けています。冬場だと喉の保湿にも繋がり、乾燥防止になるので、家でもマスクを着けていることが多くあります。食べる時は、マスクを下げてから無口で食べるようにしています。喋る時は、マスクを上げて喋るようにしています。

新型コロナウィルスが流行る前よりも家でマスクをする習慣をつけていたため、特に苦に感じることもありませんでした。家族皆がそういう行動をするだけで家族内感染する可能性が低くなるので、ぜひ小さなお子さんがいてる家庭はするようにした方が良いと感じています。